トップ › 最新情報&ニュース

ページタイトル

鎌倉中央公園でヒオドシチョウ目撃

 2013年6月3日の午前中、鎌倉中央公園内の疎林の広場で、ヒオドシチョウの成虫を目撃し撮影しました。
 ヒオドシチョウは年1回発生で平地では6月頃から見られ、成虫でそのまま冬をを越します。夏は山地に移動するとも言われておりあまり見られません。鎌倉市近辺では昔は多く見られたそうですが、最近では少なくなっているようです。しかし、今年になり横須賀市や逗子市で目撃や採集したとの報告があります。
 鎌倉市では2007年に衣張山で目撃されて以来、記録の報告はありませんでした。今回見られた成虫は羽化したばかりと思われる新鮮な個体で、高い街灯に止まっていましたが、幸い開翅してくれましたので、300mmの望遠レンズで撮影し確認することができました。近くに大きなエノキがあり、公園内で発生したものと思われます。
 

2013年06月10日

ページ上に戻る