トップ › 鎌倉市の蝶写真集一覧 › カラスアゲハ

ページタイトル

カラスアゲハ

アゲハチョウ科

翅表が青、緑、黄などの鱗粉で輝く美しい蝶で、特に春型は輝きが鮮やかです。
4月中旬から春型が、7月~8月と9月に夏型が見られますが、発生数は非常に少なくなかなか目撃できません。
山地や樹林地に見られ花に集まりますが、住宅地ではほとんど見かけません。
幼虫はミカン科のコクサギ、キハダを主に食すると言われています。
本種に似ている山地性のミヤマカラスアゲハが、隣接の横浜市南部で目撃されています。
分布:日本全土

ヒガンバナで吸蜜するカラスアゲハ(夏型)
鎌倉市腰越  2009年9月25日

タニウツギで吸蜜するカラスアゲハ(春型)
鎌倉中央公園  2009年5月11日

カラスアゲハ(春型)
鎌倉市腰越津広町の森  2010年5月15日

カラスアゲハ雄(春型)
鎌倉市十二所  2010年5月8日

back
ページ上に戻る