トップ › 鎌倉市の蝶写真集一覧 › キアゲハ

ページタイトル

キアゲハ

アゲハチョウ科

鎌倉では日当たりのいい草地や広場に普通に見られ、花にもよく集まります。
アゲハに似ていますが、前翅基部が黒鱗を散付したしもふり状になっており区別できます。
幼虫は他のアゲハ類と異なり、ニンジン、パセリ、セロリーを食し、農作物の害虫になっています。
年3~4回発生し、春型より夏型の方が大きく、特に雌は大型で黒っぽくなります。
2頭が激しく追いかけ合って飛んでいる姿をよく見かけます。
分布:屋久島以北の日本全土  ヨーロッパ~シベリア~北米大陸

キアゲハ(春型)
鎌倉中央公園  2008年4月12日

キアゲハ(夏型)
鎌倉中央公園  2008年8月31日

エンドウの花に集まるキアゲハ(春型)
鎌倉市山崎鎌倉中央公園  2010年5月5日

キハゲハの群飛
鎌倉中央公園  2015年7月24日

雌雄の群飛
鎌倉市山崎  2009年8月7日

back
ページ上に戻る