トップ › 鎌倉市の蝶写真集一覧 › ヒオドシチョウ

ページタイトル

ヒオドシチョウ

タテハチョウ科

日本全国に広く分布する蝶です。
県内でも平地から山地にかけ棲息していますが、そんなに多くありません。
年1回発生。成虫で越冬した親が、4月頃食草であるエノキに産卵し、6月に成虫が現れます。
7月までしばらく活動しますが、夏になると姿を消し、翌年の春までみられません。
2013年は県内で発生が多く、市内でも山崎、広町緑地で見られました。
十二所、衣張山にも過去に採集、目撃された記録があります。
分布:北海道~九州 ヨーロッパ~東アジア

ヒオドシチョウの新成虫
鎌倉中央公園  2013年6月3日

back
ページ上に戻る