トップ › 鎌倉市の蝶写真集一覧 › ミドリヒョウモン

ページタイトル

ミドリヒョウモン

タテハチョウ科

ヒョウモンチョウ類の仲間で、鎌倉市内では秋に見られるが少ない蝶です。
ツマグロヒョウモンに似ていますが、後翅裏面が黄緑色なので見分けることがきます。
食草はスミレ類で、越冬は卵。年1回6月ころに発生しますが、、鎌倉市内見られるのは、
9月から10月に多く、県内の山間部に発生した個体が、秋口に南下飛来したものと思われます。
十二所、衣張山に記録があり、近年では広町緑地、鎌倉中央公園で見られています。
分布:北海道~九州  ヨーロッパから~シベリア

ミゾソバの花に止るミドリシジミ
広町緑地  2015年9月30日

ミゾソバの花に止るミドリシジミ雄
広町緑地  2015年9月27日

ミゾソバの花に止るミドリシジミ雄
広町緑地  2015年9月27日

back
ページ上に戻る