トップ › 鎌倉市の蝶写真集一覧 › ジャノメチョウ

ページタイトル

ジャノメチョウ

タテハチョウ科

大型のジャノメチョウですが、鎌倉市では非常に少ない種です。
日当るたる明るい草原や公園の草地に見られ、草上を低く飛びます。
鎌倉市で生息が確認されているのは、十二所、浄明寺、衣張山、山崎(台峰)などです。
しかし2012年以降は鎌倉市内で目撃されておらず絶滅が心配されています。
年1回の発生で、早いのは6月下旬に現らわれ~8月まで見られます。
幼虫越冬、食草はイネ科のススキ、スズメノカタビラなどです。
分布:北海道~九州  ヨーロッパ~東アジア

葉上に止るジヤノメチョウ
鎌倉市浄明寺  2011年7月9日

翅を広げるジャノメチョウ
鎌倉市浄明寺  2011年7月9日

葉上に止るジャノメチョウ
鎌倉市浄明寺  2009年7月3日

葉上に止るジャノメチョウ
鎌倉市山崎(台峰)  2009年7月20日

back
ページ上に戻る