トップ › 鎌倉市の蝶写真集一覧 › ゴマダラチョウ

ページタイトル

ゴマダラチョウ

タテハチョウ科

人家周辺の雑木林や樹上を、ゆるやかに旋回するように飛びます。
日頃あまり姿は見られませんが、クヌギなどの樹液によく集まります。
春型は5月中旬から現れ6月下旬まで、夏型は7月~8月に見られ年2回発生です。
幼虫で越冬、食草はアカボシゴマダラ、オオムラサキと同じエノキです。
分布:北海道(南部)~九州  東アジア

吸水するゴマダラチョウ
鎌倉中央公園  2009年5月14日

クヌギの樹液に集まるゴマダラチョウ(左の2頭はアカボシゴマダラ)
鎌倉中央公園  2008年8月5日

back
ページ上に戻る