トップ › 鎌倉市の蝶写真集一覧 › イチモンジチョウ

ページタイトル

イチモンジチョウ

タテハチョウ科

鎌倉では山野や樹林周辺で見られますが、あまり多くありません。
成虫は樹木内の日の当る場所をゆるやかに飛翔し、ウツギ、ヒメジョンなどの花にも集まります。
第1化の発生は他の蝶に比べ遅く5月中旬~6月で、7月上旬、8月下旬~9月に多く、年3回発生と思われます。
終齢幼虫で越冬、食草はスイカズラが主でタニウツギ、ヒョウタンボクなども食します。
分布:北海道~九州  ヨーロッパ~シベリア

イチモンジチョウ
鎌倉中央公園  2014年5月18日

イチモンジチョウ
鎌倉市浄明寺  2012年7月10日

ウツギの花で吸蜜するイチモンジチョウ
鎌倉中央公園  2008年5月27日

葉上のイチモンジチョウ
鎌倉市山崎  2010年7月27日

back
ページ上に戻る