トップ › 鎌倉市の蝶写真集一覧 › コミスジ

ページタイトル

コミスジ

タテハチョウ科

鎌倉では山野や公園に普通にみられ、時折住宅地にも飛んできます。
成虫は日当たりのいい樹林周辺を、スィースィーと滑るように飛翔します。
各種の花で吸蜜もしますが、腐果、汚物などで吸汁し、湿地で吸水もします。
第1化は4月下旬~6月上旬に見られ、7月下旬~8月上旬、9月~10月に多く、年3回発生と思われます。
幼虫で越冬、食草はクズ、フジ、ニセアカシア、ハギなどのマメ科植物を食します。
分布:北海道~屋久島  地中海沿岸~東アジア

翅を拡げるコミスジ
鎌倉中央公園  2008年4月30日

翅を拡げるコミスジ
鎌倉中央公園  2008年5月6日

葉上のコミスジ
鎌倉中央公園  2007年5月16日

back
ページ上に戻る