トップ › 鎌倉市の蝶写真集一覧 › キマダラセセリ

ページタイトル

キマダラセセリ

セセリチョウ科

雄雌とも、翅表の黄色の紋が鮮やかで小型ですが目立つセセリチョウです。
鎌倉では、丘稜地の草原や山道などの開けた場所に見られ、発生数も多い種です。
年2回発生、第1化は6月中旬~7月中旬、第2化は8月下旬~9月、時には10月下旬まで見られます。
幼虫で越冬、食草はイネ科のススキ、ジュズダマ、チガヤ、タケ科ノミヤコザサ、ネザサなどです。
分布:北海道西部~トカラ列島  北インド、マレー半島、中国

葉上のキマダラセセリ
鎌倉市山崎鎌倉中央公園  2009年8月13日

開翅したキマダラセセリ
鎌倉市山崎  2008年6月24日

開翅したキマダラセセリ
鎌倉市山崎鎌倉中央公園  2009年6月9日

キマダラセセリ
鎌倉市山崎鎌倉中央公園  2010年6月24日

back
ページ上に戻る