トップ › 鎌倉市の蝶写真集一覧 › ダイミョウセセリ

ページタイトル

ダイミョウセセリ

セセリチョウ科

鎌倉では丘稜地の山道や公園の草地で比較的多く見られます。
敏速に飛びますが、林内の陽だまりなどの葉上で翅を水平に開き止ります。
前翅に白斑ある黒い蝶ですが、関西と関東では斑紋が異なり、関西産は後翅に白帯があります。
年3回発生、第1化は4月下旬~5月、第2化は7月下旬~8月中旬、第3化は8月下旬~9月に見られます。
終齢幼虫で越冬、食草はヤマイモ科のヤマイモ、オニドコロ、ナガイモなどです。
分布:北海道(南端部)~九州  東アジア

葉上で開翅したダミョウセセリ
鎌倉市浄明寺  2009年8月22日

ダイミョウセセリ
鎌倉中央公園  2008年5月6日

カラスノエンドウに吸蜜するダイミョウセセリ
鎌倉中央公園  2008年4月24日

交尾するダイミョウセセリ
鎌倉市山崎  2010年9月9日

back
ページ上に戻る