トップ › 鎌倉市の蝶写真集一覧 › アオバセセリ

ページタイトル

アオバセセリ

セセリチョウ科

鎌倉市では稀な蝶で、あまり見られません。
セセリチョウとしては大型で多くの花に集まり、汚物などで吸汁します。
翅表面が輝くような青緑色で、後翅の尾部に赤橙色の紋がある美しい蝶です。
飛びかたは敏速で豪快、また、花と花とをパッパツと移動しながら吸蜜しています。
鎌倉市の過去の記録は非常に少なく、玉縄(志賀1971)、十二所(片瀬1985)があるだけです。
近年では衣張山(柳本2005,2007)で成虫、今泉(菅井2008)で幼虫が見られてます。
食草はアワブキ、5月下旬頃から見られ、年2回の発生と思われます。
私は本種を鎌倉市で見ておらず、したがって写真もありません。
分布 本州  北部熱帯アジア

back
ページ上に戻る