トップ › 鎌倉市の蝶写真集一覧 › ベニシジミ

ページタイトル

ベニシジミ

シジミチョウ科

春早くから秋遅くまで、草原、公園の草地、路傍などに普通に見られます。
名の如く鮮やかな紅色をした美しい蝶で、素早く去りますがすぐに花などに止ります。
鎌倉では年3回発生、第1化(春型)は3月下旬~5月中旬、第2化(夏型)は6月上旬~8月上旬に見られます。
第3化は秋遅く10月~11月中旬に見られますが、数は非常に少なく、紋様は春型に似ています。
春型は翅表の赤橙色斑が発達し鮮やか、夏型は退化して黒っぽくなります。
食草はスイバ、ギシギシなどで、幼虫で越冬します。
分布:北海道~九州  北半球の温帯地域

ベニシジミ雄(春型)
鎌倉中央公園  2008年4月27日

ベニシジミ雄(夏型)
鎌倉中央公園  2009年6月9日

ベニシジミ雌(第3化)
鎌倉中央公園  2009年11月20日

back
ページ上に戻る