トップ › 鎌倉市の蝶写真集一覧 › ルリシジミ

ページタイトル

ルリシジミ

シジミチョウ科

鎌倉ではヤマトシジミ、ツバメシジミと同様、ポピュラーな蝶で3月~10月まで各地で見られます。
地上低く飛ぶヤマトシジミと違い、樹幹周辺を高く飛ぶことが多く、湿地では集団で吸水しています。
年により発生消長に変動があるようで、2008年は春先と6月に多く、秋にはほとんど見られませんでした。
逆に2009年は春先にほとんど見られず、6月に最も多くなり以後10月まで連続して見られました。
雄の翅表は明るい青紫色、雌は地色は褐色で中央に空色部があります。
食草はマメ科のハギ、クズ、クララなどの他、多くの植物の花、蕾、新芽を食します。
蛹で越冬、3月中旬から見られ、発生回数は3~4回と思われます
分布:北海道~トカラ列島  北半球の温帯地域

吸蜜するルリシジミ
鎌倉中央公園  2008年6月4日

吸水するルリシジミ雄
鎌倉中央公園  2008年3月29日

湿地で集団で吸汁するルリシジミの雄
鎌倉市広町の森  2009年6月1日

back
ページ上に戻る