トップ › 鎌倉市の蝶写真集一覧 › オオミドリシジミ

ページタイトル

オオミドリシジミ

シジミチョウ科

ゼフィルスの仲間、都市近郊の雑木林に普通に見られていました。
鎌倉市では過去に山崎、今泉、腰越、十二所で記録があります。
近年では浄明寺、鎌倉中央公園で目撃されています。
雄の翅表は緑色の金属光沢あり美しいのですがが、雌は褐色で地味です。
成虫の活動は正午前の日中で、雄同士が占有性を示して群飛します。
年1回発生、6月に見られ、幼虫はブナ科のコナラ、クヌギを主に食します。
分布:北海道~九州

オオミドリシジミの雄
鎌倉中央公園  2014年6月8日

栗の花に止るオオミドリシジミの雄
鎌倉中央公園  2009年6月2日

back
ページ上に戻る