トップ › 鎌倉市の蝶写真集一覧 › ナガサキアゲハ

ページタイトル

ナガサキアゲハ

アゲハチョウ科

九州、四国地方に棲む南方型の蝶ですが、近年、温暖化のためか北上しています。
鎌倉でも、2000年ころから春から夏にかけ、住宅地で普通に見られるようになっています。
雄の翅は一様に黒色ですが、雌は後翅に大きな白い紋があり、雄雌とも尾状突起がなく無尾型です。
蛹で越冬し、5月上旬~、6月下旬~7月、8月~9月に発生しますが、秋に多く見られます。
食草はミカン類で庭に植えられているミカンを好み、住宅地でも多くみられます。
分布:本州南関東以南  熱帯アジア

開翅して樹上で休むナガサキアゲハ雌(夏型)
鎌倉中央公園  2009年8月29日

水たまりで吸水するナガサキアゲハ雄
鎌倉市広町の森  2009年8月21日

クサギの周りでもつれあうナガサキアゲハ雄雌
大磯町国府本郷  2009年9月1日

back
ページ上に戻る